最近流行りの平屋って実は坪単価が高くなる?

こんにちは、HaleNoaです(*^-^*)

 

松江はここ数日寒気の影響で雪が積もりましたね。

ファンヒーターを購入したのですが、燃費悪すぎて困ってます、、、💦

我が家はリビングが30畳あるので仕方ないかと思うのですが、ここまでとは、、、

つけっぱなしにしてると平気で一日8リットルの灯油を使い切ってしまう始末です(笑)

はやく春がこないかな~

さて本日は平屋のコストについて書こうと思います。

「憧れの平屋に住みたい」という方に必見。

平屋1

最近は、平屋の家がまた流行るようになってきました。

2階建ての家とは、また一風違った良さがあります。

ですが、平屋や実は坪単価が高くなるのをご存知でしょうか。

今、平屋や2階建てにするかを考えている方は、ぜひ以下を参考にしてみてください。

平屋2

1.思い込みによって、平屋は安いと思ってしまう!

平屋はなぜ安いと思いがちなのでしょうか。

そもそも、あまり平屋に関して知識がない場合、思い込みによって、平屋は安いと思ってしまいます。

ですが、坪単価のことをよく考えてみると、そうではありません。

使わなければいけない建築材料も、2階建ての家の場合は平屋の倍になりますので、家を建てる際には平屋より高くなるというイメージもあるようです。

ですが、純粋に坪単価のことだけ考えてみると、そうではないことがわかります。

平屋で2階建ての家と同じ部屋数をキープしようとすると、それだけ基礎面積や屋根面積が必要になることがわかるでしょう。

その辺にあるティッシュ箱を重ねるのと、横に並べるのでは、面積の部分が倍になってしまうということです。

平屋3

2.どのくらい高くなるのか?実は平屋は2階建てより30%も高い!

平屋は施工コストが2階建てよりやすくなると思われがちですが、そうではありません。

平屋を建てる際、外壁などは多少コストを抑えられても、やはり基礎面積や屋根面積でコストが高くなってしまいます。

また、ハウスメーカーは2階建てを基本的にプッシュしているので、平屋は人気があっても高くなってしまうのです。

これは、2階建てが規格内なので、大量発注ができるシステムなのに対し、平屋はそうではないからです。

そのため、概ね平屋は2階建てよりも30%もコストがかかってしまうという結果になるのです。

平屋4

しかし、平屋は将来的なことを考えると、バリアフリーに適していますし、長い目で見れば、高くついても良い買い物となるでしょう。

老後もずっと同じ家に住み続けることを考えるのであれば、平屋は良い選択です。

 

「HaleNoaってどんな家建てるの? vol.31」

 

高い天井と広々としたリビング空間が開放的な空間を演出。

ゆったりとゆっくりと優雅なひとときを・・・

 

 

HaleNoa project 設計士
vol.31 リゾートを感じる家(リビング)