松江市東本町にうまいもんや橙がオープン

こんにちはHaleNoaです(*^-^*)

先日松江市の東本町にある橙のランチにいってきました。

先に謝ります。肝心な料理の写真を撮り忘れました💦

店内はこんな感じです。

↓ ↓ ↓

daidai1

カウンターの椅子は、インテリアショップNEST さんのCaloreのチェアー。

Caloreは私も大好きな家具の一つです。

洗練されたデザインはもちろん、座り心地も最高(*^^)v

daidai2

広々とした店内でゆったりとくつろぎながらお食事ができますね。

懐かしい気持ちなる雰囲気も良かったですね。

daidai4

iPhoneのポートレート撮影をどうしてもしてみたく、照明を撮ってみました。

なかなかハイクオリティで満足(*’ω’*)

daidai3

一番左が昔から仲良くさせていただいてるゆうすけさん。

他にも「食堂晴れ」「まる雄」「16番」「バールmarco」

など、信じられないのがどれもめっちゃうまいです。

これからもゆうすけさんの動きには注目していきます。

若いのにすごいですよね~!(^^)!

今回の「橙」は窓から宍道湖を景観できてそれもまたGOOD!(^^)!

立地もサイコーです!

ランチのハンバーグ定食もジューシーで絶品でしたよ。

是非、行ってみてくださいね。

言っていいのかわかりませんがこっそり牛と豚の比率を聞きました。

内緒でお願いします、6対4です。

今度家で私も作ってみます(笑)

 

さて、本日は「よく聞く新築の10年保証って何?」をテーマに書こうと思います。

家を建てるかどうか考えておられる方の中には、「新築の10年保証ってなんだろう?」と感じておられる方も多いかと思います。

耳にしたことはあれど、一体なんのことを指すのか疑問に思われているでしょう。

今回は、新築の10年保証の基礎的な知識からお話させていただきますので、ぜひ参考にしてみてください。

新築10年保証

 1.先ずは基礎的な知識から!新築の10年保証とはどんなもの?

ここでは新築の10年保証とはどんなものかについて、ご説明致します。

まず、新築の家を購入する際に、施工会社やハウスメーカーが10年の保証を謳うことがあります。

これは一体どんなものなのでしょう。

ご存知ない方のために説明させていただくと、新築の住宅は、完成して引き渡しから10年の保証が義務となっています。

これは平成12年の住宅品質確保の促進等に関する法律(通称:品確法)に起因しています。

これにより、もし、新築の家に瑕疵(欠陥した部分)があるとわかった場合、買主が施工会社はハウスメーカーに対して、保証を要求することができるのです。

これを、10年保障と故障することが多いです。

新築10年保証2

2.どんな部分が新築10年保証の対象となるの?

では次に、新築10年保証の対象となる部分について説明したいと思います。

対象となるのは、基礎、柱、床、屋根、そして土台や筋交胃などの構造耐力の上で主要となる部分です。

請求することができる内容は、損害賠償、補修、そして修繕できない場合は売買契約の解除があります。

つまり、新築の家のとても大切な部分に、10年の保証がついてきているわけです。

稀に、10年の保証がついているから、何があっても安心だと考えておられる方がいますが、そうではありません。

なぜなら、保障がついていても欠陥工事がなくなっているわけではないからです。

そして、10年保障があったとしても、すぐに納得のいく工事などをしてもらえるというわけではないからです。

以上の点を踏まえて、10年保証の内容を再度確認してみましょう。

新築10年保証3

「HaleNoaってどんな家建てるの? vol.43」

 

現代風にアレンジした町屋スタイル。

どこか懐かしく落ち着ける空間ですね。

 

 

HaleNoa project 設計士
vol.43 Re-町屋(外観)