6月は2件の完成見学会予定

こんにちは、HaleNoaです(*^-^*)

来月、2件の完成見学会を行う予定です(#^^#)

以前からブログでアップしている新築W様邸につづき、T様邸も完成見学会を行います!!

T様邸は、倉庫として利用されていた建物のリノベーションです。

実は、施主様のいろいろなこだわりを形にしていきます。

私自身、非常に楽しみにしているリノベーションです。

t様邸0520

t様邸0520_2

ここからどんな仕上がりになっていくかみなさん楽しみにしててくださいね(#^^#)

 

ここで、癒しフォトを1枚ハワイ島のレインボーフォールズ

レインボーフォールズ

写真は撮れませんでしたが、運よく虹を見ることできました(*^_^*)

 

本日のお役立ち情報は

「新築って何から決めれば良いの?」

をテーマに書きたいと思います。

新しく家を建てようと考えている方は、家を建てるに当たって、何から始めれば良いのか、また何から決めれば良いのか迷っておられる方も多いと思います。

初めてのマイホームを建てる方は、分からないことだらけでしょう。

今回は、そんな方に向けて、新築は何から始めれば良いのかをご説明させて頂きます。

新築

 1.まずは土地の選び方!安全面なども重要な要素

新築の家であろうと、そうでなかろうと、家の増改築やリノベーションは可能です。

ですが、土地そのものは家と一体化しているものなので、後から手を加えることができません。

ですので、土地を決めることが、まずは大切な要素となってきます。

交通のアクセスの良さや、治安の良さも決して忘れてはいけない項目です。

特に小さなお子さんや、女の子のいる家庭では、治安面は重要視しなければいけないでしょう。

土地は後から手を加えることが、ほぼ不可能なので、こうした問題には最初から気をつけなくてはなりません。

新築1

 2.ライフスタイルに合った家づくりをしよう!

家というものは、住んでいる人のライフスタイルに合わせたものでなければなりません。

どこにキッチンがあって、リビングルームやダイニングルームがあるかなど、導線に沿って建築家の方と設計をすると良いでしょう。

ご年配の方も住む予定でしたら、階段に頑丈で持ちやすい手すりを付けてもらったり、滑りにくい段差にしてもらうなど、考慮しなくてはなりません。

また、2世帯住宅の場合は、お風呂やキッチンを別にしてもらいつつも、行き来がしやすいようにしてもらうのも工夫の1つです。

このように、住む人のライフスタイルに合わせた家づくりが必要です。

新築2

 3.建築家の人と実際に会って話をするのも大切!

ハウスメーカーが建てている家と違って、一から自分の希望で家を建てるときには、建築家の人ととことん相談することが望ましいです。

そこで使えるのが、建築家マッチングサービスです。

まず、自分の希望通りの家を建ててくれそうな建築家を探すところから始めても良いでしょう。

家づくりを始めてする方は、思い描いていた家をきちんと設計してくれる信頼できる建築家を探し当てることもまた、大切です。

 

いかがでしたでしょうか。

今回は、新築の家を建てるとき、何から始めて良いのかについてご紹介させていただきました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

「HaleNoaってどんな家建てるの? vol.46」

 

和の雰囲気を大切に残し無垢の木で柔らかく温かみを感じる印象の玄関。

帰ってきたときホッと心温まる空間で出迎えてくれる、そんな気持ちにさせてくれます。

 

 

HaleNoa project 設計士
vol.45 リノベーション-町屋(玄関)