リフォームのポイントは断熱です!

こんにちは、HaleNoaです(*^-^*)

前回、ハワイ島に行くお話をしましたが、オアフには結構何回も行ってます。

なぜハワイかといいますと、子供が3人いて合計5人で行くので安全面、食事面、気候などのバランスがベストだからです。

先日家族会議でよかったホテルベスト3を作りました。

まずは3位

ヒルトンハワイアンビレッジ

新しくコンドミニアムが完成し、そこに泊まったのですが綺麗でおすすめです。

敷地内もビーチや買い物、飲食店も充実しててとにかく広いです!

2位

アウラニディズニーリゾート

ここはとにかく子供たちダントツ人気でした。

プールのアクティビティが充実してます。

ディズニーのキャラクターが隠れたりしていて子供も大喜びですよ。

ただ、ワイキキからちょっと距離がありますね。

 

1位

ロイヤルハワイアンホテル

太平洋のピンクパレスと呼ばれてて建物がピンク色で結構ハワイの定番人気ホテルですね。

運よくなぜかスイートに泊まることができたのもあってお部屋の数にビックリでした(笑)

4月、早く来ないかな~、初ハワイ島楽しみです(*’ω’*)

シェラトン

さて、本日はリフォームするなら必ずこれはやっておきたい

「断熱」について書こうと思います。

今住んでいる家が、冬にとても寒かったり、夏は暑すぎたりしませんか。

家を建て替えることは検討していないけれど、リフォームならしてみたいという方は、ぜひ断熱に注目してみてください。

断熱をきちんと導入することで、寒さや暑さを緩和でき、快適な環境で過ごせます。

今回はリフォームと断熱の関係についてご紹介しますので、ぜひリフォームの参考にしてください。

リフォーム1

1.リフォームの一部改修だけでも変わる!断熱の効果とは

古い家だと、断熱材がきちんと入っていない可能性もあります。

なぜななら、断熱の基準は昭和55年からですので、それ以前の建物には断熱が施されていない可能性があるのです。

冬に暖房が効きにくかったり、夏に冷房が効きにくいと、断熱を施した方が良いでしょう。

木造軸組工法では、壁と床や壁と天井部の取り合い部に気流が発生する隙間が生じているので、断熱リフォームを施せば、暑さや寒さを緩和できます。

気流止めがあると、壁体内の機密性を確保できるので、暖かさもバッチリです。

断熱は冷房を調節する役割だけでなく、暖かさも逃さないので古くなった家でも快適に過ごせます。

リフォーム2

2.断熱リフォームのポイント!断熱材の種類や特徴は?

パーフェクトバリアと呼ばれるポリエステル樹脂のものは、カビなどにも強い断熱材です。

また、高耐震性、高耐久性にも優れています。

ただ、ローコストですが、無機質繊維系よりは高いというポイントもあります。

天然木質繊維系のものですと、セルロースファイバーがあります。

新聞紙の古紙をリサイクルしたもので、エコロジーなものです。

吸湿性に優れており、結露を防いでいくれるので、結露に困っているお家には向いています。

防虫効果や防音効果にも優れているのがポイントです。

無機質線維系だと、グラスウールなどがあります。

ガラスを高温で溶かして線維上にしたものです。

これは軽くて施工しやすく、防音性などにも優れているのがポイントです。

断熱リフォームを施すことによって、家は暖かくも寒くもなくなるどころか音などの騒音対策にもなるので、ぜひ検討してみてください。

リフォーム3

 

「HaleNoaってどんな家建てるの? vol.37」

木の素材感と抜け感をいかして、圧迫感のない広々とした空間を演出!(^^)!

 

 

HaleNoa project 設計士
vol.37 美容室の改装